退院後のメッセージ

退院後のメッセージ

みんな、心配かけてごめんね。

少しずつ色々お話しようと思います。

だけどその前に、少しだけ気がつきました。
希死念慮って、

ホントに死ぬほどというか、

死んだことがないからわからないけど、

死ぬより苦しいとしかやっぱり思えないし、

生き地獄だし、

死ねば本当に本懐だけど、

もちろん迷惑だって頭では知ってるけど、
だけどさ、

辛くて苦しいのは永遠に変わらなくても、

意外とそう悪いものでもない気が

してきたんだよ。

生き地獄ってそんなに悪くないのかもしれない。
心配して下さる方がいたり、

ただいまにおかえりと言って下さる方がいたり、

細かいことは次の記事で書くけど、

少なくとも、希死念慮で

何かに繋がることができるんだよね、きっと。

例え精神的に絶望の日々で、

身体的にもボロボロで寝たきりで

二度と立ち直れない

あるいは誰にも理解されない

未来が永遠に真っ黒な確信があったとしても。
僕の自殺企図をみんなが心配してくれたように、

僕もみんなの希死念慮をなんの力もないのは知ってるけど、

手分けして一欠片でも共有したいと思います。

だからみんなも、

自分だけで責任とらないでいいんだよ。

自分だけが悪いと思わなくていいんだよ。

周りの人のに押し付けることができないなら、

僕に押しつけなよ。

そして何より、

希死念慮を頑張って無理して消さなくていいんだよ。

無理に治さなくていいんだよ。

もう十分みんな頑張ったよ。

みんなの事情はそれぞれ違うだろうけど、

みんな限界まで頑張っていることは、

僕には少しの確信を持って分かります。

もちろんその答えが、

自殺の達成か、生き残るか、

それに優劣をつける気持ちは

これまで通り、ないんです。
伝わったか自信ないですが、

退院後にみんなに伝えたいことでした。

いつもありがとうございます。