冤罪への結論

冤罪への結論

謂れなき罪を謗られることには耐えられない。

矜持と尊厳を保つことが出来ない。

ならば、謂れなき罪を

真実にしてやるしかないではないか。

 

元カノ一家が誹謗する通りに

真実の罪を犯し謗られ処断される方が、

謂れなき罪を背負わされるより

余程憲法に規定された

個人の尊厳を保つことができる。

 

これが法が味方しない冤罪被害者の唯一の結論だ。