OmniFocus2導入+オススメの使い方

OmniFocus2導入+オススメの使い方

皆さんこんばんは。

 

蒲原です。

 

ただでさえADHDでマルチタスクは苦手なのですが、

 

現在3つのプロジェクトを並行で進めていまして、

 

もはや脳内ではスケジュールが組めなくなってきました。

 

 

そんな時は計算機技術に頼るしか術がありません。

 

あー、そうか。OmniFocus2をiphoneにインストールしてたなあと、

 

思い出しました。

 

 

いわゆるGetting Things Done(GTD)という手法でして、

 

予定をとにかくソフトにたたき込むんですよ。

 

何も考えずに片っ端からです。

 

それで、予定で埋め尽くされた頭の中を一度空にしましょうと、

 

そういうわけです。

 

そうすると、リストを消化することに専念できるので、

 

効率的にお仕事が進みますよー、的な。

 

 

早速iphoneに入力しました。

 

 

 

次から次へと出てきますね。やるべきことが。

 

これじゃ頭がおかしくなります。

 

OmniFocus2に入力してはじめて

 

自分の忙しさが再認識できますよ。

 

 

昨晩OmniFocus2にすべてインプットしたため、

 

本日は作業に集中できました。

 

忙しい方は是非試す価値ありますよ。

 

単なるタスク管理ソフトと思うなかれ。

 

気分的にかなり楽になります。

 

ちなみに、Windows版はありません、、、ora

 

MacかiPhoneの方は、

 

是非お試しを!

 

 

ちなみに使い方を少しだけ。

 

 

もし決まっているプロジェクトを抱えているなら、

 

まず「プロジェクト」というものを新規作成します。

 

その中に「アクション」を次々と兎に角何も考えずに

 

放り込んで下さい。「アクション名」と「締め切り」と

 

「次まで延長」という箇所は最低限記入します。

 

「アクション名」と「締め切り」については説明の必要はないでしょう。

 

「次まで延期」という箇所には作業の開始時点を入れて下さい。

 

この時点まで延長できる=この時点からは開始しなければならない。

 

と言うイメージでしょうか。

 

どのプロジェクトにも分類できないものは、

 

「インボックス」という箇所がありますので、

 

とにかくそこに何でもかんでも入れちゃいます。

 

「インボックス」からプロジェクトにもできますし、

 

とにかく悩んだら「インボックス」です。

 

 

「インボックス」への入れ方は

 

Siriを使うのが一番オススメですね。

 

設定の仕方は、

 

1.ホーム画面をしたにスライドして設定ボタンをタップ

2.キャプチャ リマインダーの箇所をタップしてスライダーを動かしてオンにします。

3.(デフォルト)と書かれてある箇所を選びます。

 

これで、Siriと連携できした。

 

Siriには

「明日、10時に会議があるのを覚えておいて」

 

などと伝えます。

 

すると「インボックス」にSiriが予定を入れてくれます。

 

なので、思いついたらどんどんSiriに

 

「~~を覚えておいて」

 

といってOmniFocus2に記憶させておきましょう。

 

そして大事なのは、一旦忘れることです。

 

大丈夫です。OmniFocus2が覚えておいてくれますから。

 

安心して頭を空っぽにして下さい。

 

 

それから、毎日の日課も「インボックス」に入れておくといいです。

 

日課をインボックスに入れたら、

 

「繰り返し」という設定項目がありますので、

 

「日ごと」に設定しておけば、毎日消化したかどうか

 

確認ができます。

 

 

入力した予定は、

 

iOSのカレンダーと同期できますので、

 

設定から同期してみて下さい。

 

同期の仕方はまたいずれ。

 

 

 

なんだか長くなりましたが、

 

やはり時間管理は避けて通れませんので、

 

ご参考になればと思い、

 

記載しました。

 

 

それでは今日はこの辺りで。