ひとりぼっち

ひとりぼっち

ひとりぼっちになってから、

 

もう5ヶ月を過ぎた。

 

 

ひとりぼっちの日々は、

 

片半身を失ったかのように、

 

上手く動けないし、

 

上手く機能できない。

 

 

そのうち忘れることなんてないという予感は的中し、

 

毎日のように毎分毎秒思い出す。

 

失った半身のことを。

 

 

代わりなんていない。もうどこにも。

 

 

 

これまでの生き方が悪かった罰なのだろうか。

 

人との接し方が優しくなかった報いなのだろうか。

 

部屋でひとり、

 

誰とも話すこともなく、

 

仕事をしているか、

 

呆然としている毎日。

 

 

何もかもよく分からなくなってしまった。

 

死にたいのに死ねないし、死ねないのに死にたい。

 

 

ゆうこさんと2人暮らししていた部屋で使っていたペアの道具たちと

 

空想上で会話してみたりするけど、

 

どの道具たちも、

 

皆、寂しいとしか言ってくれない。

 

僕だって寂しいよ。君たちまでそんなこというなよ。

 

辛いじゃないかね。

 

 

昨日ドクターストップがかかったので、

 

今日は休んでいたのだが、

 

連絡関係の仕事だけはあったので済ませた。

(というか、元々勤務日は火曜と金曜のはずなのだが)

 

済ませた途端、怒濤のごとく、希死念慮が襲いかかってきた。

 

そして今慌ててレキソタン2mg×2を飲んだところ。

 

 

だけど、段々と薬も効かなくなってきた。

 

ゆうこさんを気がついたら呼んでいる日々が続いている。

 

永遠に終わらないかくれんぼ。

 

 

もうそろそろいいんじゃないかね。

 

もう十分幸せにそして最悪に生きてきたよ。

 

終わりにしようよ。そろそろ。

 

 

なので、決行時期を考えます。

 

母親の帰りが遅い日を狙って、

 

トリプタノール75mg錠を50錠、

 

アルコールと一緒に飲んでみます。

 

ただ、少し量に不安がありますので、

 

致死量をもう一度計算し直してから、

 

計画を立てます。

 

 

もうね。

 

 

疲れちゃいました。

 

ナニモカモニ。

 

早く終わりにしたい。

 

それだけです。

 

あ、ゆうこさんも含めて、

 

元カノさん達には、

 

皆、幸せになって欲しいです。

 

本当にもうそれだけです。