久しぶりに外出

久しぶりに外出

母親が買い物に行くというので、

車で送っていった。

エンジンも回しておかないとバッテリーもあがるし。

 

だけど、ゆうこさんとの思い出に溢れる車だったからか、

突然原因不明の不安と孤独が増大して、

発作になり具合が悪くなって途中で引き返した。

 

ようやく自宅に着いたときには、

自分の足では歩けないくらいの状態になっていた。

 

歩こうとすると、膝から下が崩れるように力が入らなくなる。

精神性の何かの発作みたいなものだろう。

ここまで弱っているとは自分でも思ってもみなかった。

 

これじゃあ勉強しても、試験にいけないなあ。

勉強はしてみますけど、ちょっと自分でも驚いています。

 

治さないと、何も出来ない。

何かしない、と治せない。

 

この矛盾した命題は

解けない。

 

普通の人生を送りたかった。

普通の人間に生まれたかった。

普通の家庭を築きたかった。

せめて、普通の精神を持ちたかった。

 

こればかりは、

自分の器質的な問題だから、

どうにも出来ない。

 

それとも学んで自分と向き合えば、

何とかなるのだろうか。

 

そのために今、

僕はこんな状態に

あるのだろうか。